> Python基礎 >

【python基礎#01】Pythonの環境構築チュートリアル|HelloWorld

Python基礎

最初の記事ということで、pythonのHelloWorldをサクッと解説します。

初めてプログラムを学ぶ際に、「とりあえずはHelloWorldを実行してみよう」といった具合に、プログラムにおいてもっとも敷居が低いチュートリアルのようなものです。

エディタ用意→環境構築→ビルド(実行)

ほんっとに初心者向けの解説ですので、プログラマのみなさんはさっと見流してもられば幸いです。

Pythonとは

Python(パイソン)は、主に深層学習や機械学習といったAIの分野やwebアプリケーションなどに使われており、特にAIブームの現在はアツい言語として取り上げられています。

そして、簡素な文法で学びやすいことから、プログラミング初心者も手が付けやすい言語とされています。

是非このチュートリアルを通して、プログラミングに対する興味を深めていただけたら幸いです。

筆者の環境

win10-pro x64

エディタの準備

エディタとは、強化版のメモ帳みたいなもので、各言語に合わせてキーワードを補完してくれたり、分かり易く色分けされたりと、プログラムを書くには必須ともいえるソフトです。

個人的には「SublimeText3」がオススメで、そのほかにも「サクラエディタ」や「Atom」などがあります。これらはすべて無料(のはず)です。

どうしても面倒だという方は、エディタを使わずメモ帳でもプログラミングは可能です。

HelloWorldを書く

早速、デスクトップにテキストファイルを作成し、拡張子をtxtからpyにリネームします。

ファイルを開きます。

とりあえず、以下の内容をコピペし、保存します。

print("HelloWorld")
print("46 + 49")
print("46" + "49")
print(46 + 49)

これで、プログラム自体は完成。

次は実際にビルド(実行)してみましょう。

ビルド(実行)する

とその前に、ビルドするにはパソコンにpythonの実行環境をインストールしなければいけません。

※ビルド解説はwindows向けです。

Python環境を整える

まず、PCでpython.orgにアクセスします。

番号をたどり、ダウンロードを開始します。

実行したら、インストール画面が表示されます。

画面下部の「Add Python 3.6 to PATH」にチェックを入れ、「Install Now」でインストール開始します。

数分でインストール完了します。

これでセットアップ自体は完了ですが、一応ちゃんとインストールされたかを確認します。

コマンドプロンプトを起動します。コマンドプロンプトは、windowsボタンを押してcmdやコマンドなどで検索すれば出てきます。

pythonと入力してエンターを押し、pythonのバージョンなどがずらりと出てこれば、成功です。

ビルドする

コマンドプロンプトを起動します。

ディレクトリ(現在位置のようなもの)をデスクトップに移動します。以下のコマンドを実行してください。

cd Desktop

C:\Users\ユーザー名\Desktop>

と表示されたらOKです。

これで準備完了です!早速プログラムを実行しましょう。test.pyの部分がファイル名にあたります。

python test.py

ビルド完了!四行にわたりコンソールログが表示されましたね。

一番上にHelloWorldがありますね。おめでとうございます!!!…。

思ったよりしょぼいなとか言わんといてください。

ちなみに、二行目のは「46+49」がそのまま文字列として、三行目のは「46」と「49」がそのまま並んでます。四行目のは値としての「46+49」の解が表示されてます。

python基礎#01-end

関連書籍

pythonに関する書籍です。是非ご購読下さい。

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで
コーリー・アルソフ
日経BP社
販売価格 ¥2,376(2018年7月1日時点)