> Rails5開発 >

【Rails5】Ruby on Rails5の開発環境を整えるチュートリアル

Rails5開発

windowsでのRuby on Rails5(以降、Rails5) の開発環境の構築方法を順を追って説明します。

Ruby on Railsで作られたサイト

大手だと

Hulu(web)GitHubCookpad食べロググノシー(web) など

その他も

Qiita、Heroku、Progate など

モチベ向上にどうぞ。

筆者の環境

win10-pro x64

Rails5環境構築

難しい事抜きの、単純な環境構築を行います。開発用でローカルで動かすだけのものですので、インターネット公開はまだしません。シリーズが続いたらデプロイ編もやるかもしれません。

Ruby環境構築

RubyInstallerのページから「Ruby 2.3.3(x64)」をダウンロードします。

RubyInstallerのリンク

インストールし、次へ

Rubyの実行ファイルへ環境…にチェックを打ち、インストール開始

インストールが終わったら、コマンドプロンプトでバージョン確認します。2.3.3が表示されたら成功です。

ruby -v

sqliteのセッティング

sqliteダウンロードページ

中間あたりにあるsqlite-tools-win32-x86をダウンロード

ZIP形式なので解凍。解凍は、無料ソフトの7Zipで十分です。

解凍したものの中にある「sqlite3.exe」を cドライブにあるRubyのフォルダのbinフォルダに入れます。

こちらもコマンドプロンプトでバージョン確認。バージョンが表示されればオッケーです。

sqlite3 -version

Devkitのインストール

Devkitは先ほどのRubyInstallerでダウンロードできます。

RubyInstallerのリンク

保存先は以下のディレクトリを指定し、Extract

C:\Ruby23-x64\

Node.jsのインストール

Node.jsダウンロードサイト

.msiの64bitを落とします。

インストールが完了したら、バージョンを確認します。

node -v

Railsアプリケーションを作成

c直下にdataフォルダを作成し、その中にアプリケーションを生成していきます。

まずは、cdコマンドでcドライブに移動

cd c:\

mdコマンドでcドライブにdataフォルダを作成

md data

dataに移動

cd data

新規アプリケーションを作成

rails new <appname>

アプリケーション生成は少し時間がかかります。

生成が終わったら、直接覗きに行って確認してみます。

コマンドでサーバーを起動して、ブラウザで動作確認をします。

rails s

アドレスバーに「localhost:3000」と入力。railsっぽいページが出たら成功。

参考書籍

こちらにはもっと詳しく書かれています。持っていて損はない一冊かなと思います。

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング
山田 祥寛
技術評論社
販売価格 ¥3,888(2018年6月30日時点)