> Rails5開発 >

【Rails5】ローカル環境でアプリケーションを作成する

Rails5開発

この記事では、フレームワークのアプリケーションを立ち上げ、実際にブラウザで確認するところまで行います。

筆者の環境

OS :win10-pro x64

実行環境: 環境構築の記事の通り

アプリケーション作成

では、これから開発するアプリケーションを生成します。カレントをcドライブのdataフォルダに移動し、コマンドでアプリケーションを生成します。

カレント移動

c:\data

アプリケーション生成

rails new <AppName>

ちょっと時間かかります。コマンド一つであら簡単ですね。

生成し終わったら、カレントを生成したアプルケーションに移し、コントローラーを生成します。

カレント移動

cd <AppName>

コントローラー生成

rails generate controller <ControllerName> <PageName>

すぐ終わります。

では早速中身をいじっていきます。ちなみに使ってるエディタは「sublimeText3」+拡張機能です。

※以後、ディレクトリの位置は、sublimeTextのヘッダーを見てもらったらわかります。

viewsにあるhtml.erbファイルを開きます。これが存在していない場合は、コントローラーの生成がうまくいってないので、もう一度生成してみましょう。

routes.rbを開き、内容を以下のように書き換えてみましょう。保存も忘れすに^^。homeはコントローラー名、topはページ名です。適宜変更しましょう。

これは、ルーティングといって、内部的な構造と表示を繋ぐ架け橋みたいなもんです。

とりあえずサーバーを起動させて、ブラウザで見てみましょう。

「localhost:3000」で、ホームが表示されます。これは、ルーティングで表示部分を”/”としたため、ドメイン直下でホームが開かれるようになったわけです。

表示部分をちょっと変更していきましょう。application.html.erbを開き、タイトルタグ(<title>このぶぶん</title>)の中を書き換えてみましょう。

ついでにtop.html.erbも

ブラウザで確認。タブにあるタイトルと、ページの内容が変わりました。これだけでもなんか達成感!!

参考書籍

こちらにはもっと詳しく書かれています。持っていて損はない一冊かなと思います。

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング
山田 祥寛
技術評論社
販売価格 ¥3,888(2018年6月30日時点)