> WordPress開発 >

【WP開発】WordPressをローカル環境で動かす便利ツール「Local」

WordPress開発

テーマ制作になくてはならない、ローカル環境の構築が簡単にできるアプリケーション「Local」の紹介。

もちろん本物と全く同じなので、一度wordpressを触ってみたいという方にもおすすめです。

※本アプリはPC専用です。

「Local」のダウンロード

公式ページ:https://local.getflywheel.com/

TOPにダウンロードのリンクがあります。DL後実行して、アプリケーションを開きます。

初期設定

起動したら、初期設定。OSとメールアドレスとユーザー名と所有サイト数を入力。他は任意です。

またまたインストール開始。こちらはちょい長めです。

続いてユーザー名とパスワード、そして、メール送信などで使うメールアドレスです。メールアドレスはメモっておいたほうがよさそうです。

またインストール。こちらは早めに終わります。

新しいサイトを追加。

サイト名を決めます。

カスタムから、サーバーの種類やバージョンの指定ができます。特に指定がなければ以下の設定でいいかと思います。

ちょっと待ちます。

管理画面が開きます。

サーバーが起動していることを確認して、VIEW SITEをクリック。

サイト名.local でページが開きます。

管理画面も見てみましょう。ADMINをクリック。

最初に決めたユーザー名とパスワードを入力。

管理画面にログイン出来ました。

WordPressの日本語化

管理画面からSettingへ。

真ん中あたりにある、SiteLanguageを日本語に。

保存します。

日本語化完了。

一時的にグローバル公開

SITE SETUPタブの一番下にあるLiveLinkを有効にします。

グローバルリンクが発行されます。試しにキャリア通信につないだスマホでアクセスしてみます。

繋がりました。これは便利だ。使い終わったら無効状態に戻しておきましょう。

テーマファイルについて

C:\Users\<ユーザー名>\Local Sites\test\app\public\wp-content\themes

に配置されています。

オリジナルテーマもここに配置すれば、管理画面で適用できるようになります。

注意

「Local」は、閉じるボタンで消してもバックグラウンドでサーバーが起動したままになっています。

使い終わったら「Local」右上のSTOP SITEからサーバーを停止してから閉じましょう。